FOOD RE BORNあなたのキセキで未来は変わる
フードリボンのSDGsの取り組み
KISEKI LABELパイナップルで循環する未来を
パイナップルの葉で作る天然繊維
KISEKI
OGIMISSION沖縄から世界へ
沖縄から世界へ

SCROLL

FOOD REBORN?

フードリボンとは

私たちは、埋もれている魅力的な素材や、可能性を秘めた技術を見い出し、そこに新たな価値を創造するため、企画・調査・開発・投資などの専門家たちと共に、地域に根差した事業の立ち上げを 行うことを使命とした会社です。

プロジェクトごとに、それぞれの得意分野を活かしたチーム連携を構築し、迅速で確実なプロジェクト達成を目指します。

FOOD REBORNプロジェクトのイメージ図

株式会社フードリボンは
次の3つの課題に取り組んでいます

1
地域活性事業の
企画・開発
地域活性事業の企画・開発
  • SDGs 2.飢餓をゼロに
  • SDGs 12.つくる責任つかう責任
  • SDGs 6.安全なトイレを世界中に
2
農業の問題
農業の問題
  • SDGs 15.陸の豊かさも守ろう
  • SDGs 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • SDGs 1.貧困をなくそう
  • SDGs 8.働きがいも経済成長も
3
環境保護の課題
環境保護の課題
  • SDGs 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • SDGs 13.気候変動に具体的な対策を
  • SDGs 14.海の豊かさを守ろう
  • SDGs 11.住み続けられるまちづくりを

KISEKI

キセキについて

キセキについて

沖縄県北部にある世界遺産登録予定地「沖縄県やんばるの森」は別名「奇跡の森」とも言われています。

KISEKIはこの「奇跡の森」から名付けました。やんばる「奇跡の森」の玄関口にあたる大宜味村は、健康長寿の地として知られ、ナショナル・ジオグラフィックの調査では、世界で5ヶ所しかない「健康で長寿な人が多い地域=ブルーゾーン」の1つとして世界的に発表されています。

沖縄はブルーゾーン

健康長寿の話を聞いていく中で、大宜味村のおばぁに教えてもらった「かふうあらしみそーれ」という言葉。この言葉には、何事にも感謝の気持ちをもち、徳を積み、幸せになってほしいという愛のある心がこめられています。

この沖縄のおばぁの教えを軸に、それぞれのチームを結成し、達成を目指していく「プロジェクトブランド」が「KISEKI」になります。

KISEKIの軸である「徳を積むこと」「何事にも感謝すること」「常におごらないこと」この姿勢そのものが、まさに持続可能な社会SDGsの実現に最も必要なことではないかと思っています。今後も、沖縄や社会の問題解決に向けて、応援・支援してくれる方々と共に活動していきたいと考えています。