KISEKI OGIMISSION

キセキ オオギミッション
キセキオオギミッションについて

Shekwasha Project

シークワーサープロジェクトについて

シークワーサープロジェクトとは?

沖縄県産のシークヮーサーは年間約3,600t生産され、その9割が果汁、残りが青果として出荷されています。

一方、果汁を絞った後に残る果皮の部分は未利用のまま廃棄されていましたが、フードリボンではその果皮に大きな価値を見出し、奇跡の森を擁する大宜味村で育つ最上級のシークヮーサーを、あますことなくまるごと活用してジュースやスキンケア、アロマオイル、サプリメントなどに製品化し販売しています。

その売り上げの一部は世界自然遺産登録への支援、シークヮーサーを育む奇跡の森の保護などに活用されています。

実はすごい!注目を集めているシークワサーパワー!

  • シークワーサーの力
  • シークワーサージュース
  • シークーワーサーミックスジュース

沖縄を代表する果実であるシークワーサーは、柑橘の祖といわれ、日本にある柑橘の中で橘と並び品種改良がなされてない原種が残っている柑橘です。14世紀から栄えた琉球王国時代から人々の健康を支え、国の重要無形文化財である芭蕉布の仕上げに使用されていたなど暮らしに寄り添っていました。

沖縄県内の庭先から山までたくさん見られるシークワーサーですが、特にこの大宜味村産シークワーサーは、原種のまま受け継がれ、本地域特有の石灰岩の土壌、そして希少な熱帯雨林のため雨量が多く、潮風のミネラルと、強い陽射しを受けて育ち非常に強い生命力を持っています。

現在県内の生産出荷量は50%以上を大宜味村が占め、さらに押川地域は最大の産地となっており、上質なシークワーサーが育つと評判です。

シークワーサーには機能性成分として「ノビレチン」と「タンゲレチン」が含まれており、血糖値抑制、血圧抑制の効果が研究成果として発表されています。ビタミン類も豊富で、疲労回復や美肌・美白効果・抗酸化作用なども注目されています。また柑橘系の香りにはリフレッシュやリラックス効果があると言われています。

  • 大宜味村シークヮーサー農家
  • 大宜味村のみなさん
  • 大宜味村シークヮーサー

このシークワーサーの一大産地、大宜味村は1987年に健康な高齢者の割合が日本で最も高い地域として「長寿の村日本一」を宣言。さらに世界保健機関(WHO)は1996年、同村を「世界一の長寿地域」として認定されています。
シークワーサーは、村人のおやつとして、料理の味付けとして、日常的に利用されてきました。さらにその果皮には果汁の何倍ものノビレチンが含まれていることがわかっています。

この奇跡の森、奇跡の村とも言える大宜味村で育つ最上級のシークワーサーを、あますことなくまるごと活用して製品化。健康と感謝の想いを込めて、大宜味シークワーサーの恵みをまるごとお届けします。

Ogimi Village Certified Song “Arigatou no kiseki”

沖縄やんばる世界自然遺産応援ソング「ありがとうの奇跡」

かふうあらしみそーれ “あなたに幸せが訪れますように”

「かふう」には「ありがとう」や 「お幸せに」がまあるくひとつになった意味があります。この言葉には何事にも感謝の気持ちをもち 相手の幸せを願う、愛のある心がこめられています。

青い海と大自然、琉球の歴史が素晴らしい沖縄の魅力を支えるのは 昔から受け継がれてきた「心」の素晴らしさではないでしょうか。この目には見えないけれど大切なことを形にして伝えたい生きがいを持って暮らす、おじいおばあの声を伝えたい。

忘れかけていたことを思い出して 誰かに感謝を伝えることを自分自身に問いかけるきっかけになればと思い作りました。

撮影映像 ・ご協力

沖縄北部やんばる 大宜味村
撮影・編集 :FILM ART LAULE`A

ありがとうの奇跡 歌について

作詞:岩見Family
作曲:岩見淳三
演奏:岩見Family(Hanah & Daddy)

ジャズ界屈指のギタリストと、そのFamily によるジャジーでポップなライヴパフォーマンス。
美しい音色、暖かいハーモニーの岩見Familyが、愛を込めてこの歌を作ってくださいました。

ありがとうの奇跡 歌詞

南の風に あふれる奇跡
愛をありがとう
太陽の下 胸いっぱいの幸せをいま
やっと気づいた 大切なもの
愛してゆこう
いつまでもずっと 忘れない
ありがとうの奇跡
潮風あびて やんばるの森
子どもに戻ろう
太陽の下 胸いっぱいの幸せをいま
やっと気づいた大切なもの
君の心に
いつまでもずっと 伝えたい
ありがとうの奇跡